TOP > アレルギーについて
アレルギーについて

一般に子どものアレルギーと思われている3つの疾患(皮膚炎・気管支喘息・アレルギー性鼻炎)について説明しています。

子どものアレルギー

子どものアレルギーというと、皮膚炎(あえてアトピー性皮膚炎とは言いません)、気管支喘息、アレルギー性鼻炎・結膜炎(花粉症を含む)の3つを思いうかべる方が多いでしょう。
しかしアレルギーが関係している割合は、皮膚炎<気管支喘息<アレルギー性鼻炎・結膜炎となっています。

アレルギーの原因
  • 皮膚炎
  • 生まれてすぐの赤ちゃんに湿疹ができると、アレルギーではないかと心配されるお父さん・お母さんがたくさんおられます。ですがスキンケアをしっかりしていただくだけで、多くの場合問題は解決します。
    皮膚の乾燥が原因で症状が出ている場合がほとんどです。
    もちろん例外はあり、食物などが原因となってきつい皮膚炎を全身に生じる子どもも時にはあります。

  • 気管支喘息
  • 1歳くらいから、風邪を引くとゼーゼーいう子どもが出てきます。
    細い気管支に炎症がおきて粘膜が腫れたり、あるいは縮んだりして細くなるためで、夜に咳き込んだり呼吸が苦しくなったりします。
    症状が出るきっかけは風邪の場合が多く、急な気温の低下・気候の変化の多い春や秋に発作がよく起こります。食物が原因で起こることもあります。

  • アレルギー性鼻炎
  • アレルギー性鼻炎や結膜炎は、花粉などが原因でアレルギー反応が引き起こされ、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、眼のかゆみなどが出ます。全身がだるくなることもあります。原因となる花粉などのことを、アレルゲンといいます。

アレルギーの治療
  • 皮膚炎
  • 皮膚炎に関しては先にも述べましたが、スキンケアが中心になります。
    保湿剤(ローションやクリーム剤)をうまく使って皮膚の保湿をはかり、状態を整えることが一番大事です。
    ただスキンケアを充分行っても湿疹が出ることはあり、一時的に軽いステロイド軟こうを併用し、よくなればすぐに中止します。1歳をすぎるとしだいに皮膚の手入れは楽になっていきます。食物が原因で全身に発疹が出るときは、食物除去が必要になります。

  • 気管支喘息
  • 気管支喘息では、症状があるときだけ、吸入や抗アレルギー剤の内服をすればいい子どもから、毎日抗アレルギー剤の内服・吸入やステロイド吸入を必要とする子どもまで様々です。
    しかし多くの場合、3-4歳を過ぎると、症状は軽くなります。全く症状が出なくなることもよくあります。

  • アレルギー性鼻炎
  • アレルギー性鼻炎・結膜炎では、原因となる花粉などを避けるのが一番ですが、現実には不可能です。従って抗アレルギー剤やステロイドの局所療法が必要になります。
    抗アレルギー剤は、内服と点鼻・点眼の局所療法があります。
    アレルギーの要素が一番強いため、症状は長年にわたり続きます。

■最後に
一般に子どものアレルギーと思われている3つの疾患について説明しました。
強調したいのは、お父さん・お母さんが思っておられるほどやっかいなものではなくて、症状はおさまっていくことが多く、アレルギーという意識に必要以上にとらわれて欲しくないという点です。
特に皮膚については、スキンケアさえしっかり行えば問題ない場合が多く、アレルギーという考えは捨てるくらいでちょうどいいと思います。私が「アトピー性皮膚炎」という言葉を極力使わないのは、このためです。
ただこれを読んだだけで、全てがわかるわけではありません。
原因、症状、治療など全てに個人差があり、実際の診療で初めて納得のいくお話が可能になります。しかも長い期間付き合っていく必要があります。
京都市西京区上桂宮ノ後町33-4 サンモールスクエア1F 天満小児科医院
Copyright(C) 2007 tenma-lc. All Rights Reserved.